サービス

グローバル開発グローバル開発に関するお問い合わせはこちら

日本発のグローバルCROを目指し、お客様の求めるサービスを提供できる組織となる。

インテリムのアジア地域での臨床開発支援サービス

2011年、インテリムは他社のサービスとの差別化、お客様からのニーズに応えるために、オンコロジーとグローバル開発に特化する方針を打ち出しました。

2012年5月には日本のCROとして初めて台湾に駐在員事務所を設立、同年9月には韓国に子会社となるインテリム コリアを設立しました。また同時に米国QPS社との業務提携契約を締結すると共に、合弁会社であるiQファーマサービス株式会社を設立しました。

インテリムでは、日本を中心とした臨床開発支援のワンストップサービスを目指しています。アジア地域での治験を検討しているお客様はもとより、日本での上市を目指す海外ベンチャー企業等へのコンサルティングも行っています。インテリムも2005年にベンチャー企業として始まりましたので、日本発のバイオベンチャーの皆様の国内外での活動も支援します。

インテリムのグローバルネットワークとその強み

Our Experiences

グローバル治験の日本パートの経験があり、CRAの多くがグローバル治験の経験を持つ。

Our Relationship

弊社特別顧問 西條長宏先生(日本臨床腫瘍学会 特別顧問)のKOLネットワークを利用し、医薬品開発に関連してご指導・ご助言を得ることが可能。KOLネットワークはアジアのみならず欧米もご紹介可 能。

Our Network

米国QPS社のネットワークを利用した幅広いサービスが提供可能。
(※QPS社台湾法人は、台湾で最大規模のCRO・SMO。)
社内外、国内外のネットワークや経験豊富なリソースにより、お客様のご要望に応じた開発戦略が提案可能。
モニタリングのみならず、非臨床、薬事戦略コンサルティング、海外での「First in Human」等医薬品開発の一連のプロセスでのサービスを提案可能。

Our Team Expertise

アジア各国の薬事・開発事情に精通したスタッフを有し、お客様のニーズに合わせた提案が可能。
バイリンガル(日・英・韓・中等)の専門スタッフ。      >>PMの略歴
日本には統計学の博士号を保有する韓国人スタッフも勤務。

Our Services, For Japanese

日本のCROとして、日本のお客様の考えを理解できるからこそ、大手グローバルCROのサービスが提供できないサービスを、ワンストップでかつ高品質でスピーディに提供。

>>詳しくはこちら(サービス内容)

インテリムコリアについて

  • インテリムでは、日本のお客様がアジアンスタディのみならず、韓国での医薬品開発の利便性を考慮して、現地法人を設立いたしました。
  • 韓国の臨床開発に精通した現地のプロジェクトマネジャーおよびモニターが勤務し、ご依頼に対処いたします。DM/Statsおよびメディカルライティングは日本からサポートします。
  • インテリムは国際共同治験もしくは海外での試験にかかわりなく、日本国内で弊社が提供いたしておりますサービスと同等の品質をご提供するためインテリムコリアをとのコミュニケーションを密にはかり、一体感のある組織運営を行っております。
  • >>PMの略歴

インテリム台湾駐在員事務所について

  • 日本のお客様から委託されたアジアンスタディの台湾パートをQPS社の台湾法人に丸投げするのではなく、インテリムからいつでも進捗状況を確認できるようにするために台湾駐在員事務所を設立いたしました。
  • また日本のお客様からの現地での調査等のサポートも可能です。
>>サービス内容の詳細はこちら

グローバル開発に関する

お問い合わせ・ご相談・ご依頼

グローバル開発に関するお問い合わせはこちらからお受けしております。
どうぞお気軽にご利用くださいませ。

お問い合わせフォームはこちら